<イベント報告>

2019年4月28日(日)

佐世保で、コミュニティデザインhitonowaさんのイベントが開催されました。

 

【佐世保】大人の休日~ツリーハウスde焚き火カフェ&ワークショップ~

 

佐世保の秘密基地倶楽部で「大人の休日~ツリーハウスde焚き火カフェ&ワークショップ~」を開催しました。


まずはみんなのこと知りたいなの自己紹介。“はじめまして”というレクリエーション。一対一で挨拶しながら、カードに書いてある質問についてお互いにインタビューをします。
会場が『秘密基地倶楽部』ということで“子供のころはまっていた遊びは?“という質問に「メンコ」の話が出てきました。同じ遊びでも個々人でルールが違ったりして…子どもの頃の遊びの話は盛り上がります☆
顔と名前を覚えて打ち解けたところで、いよいよ、ツリーハウスへgo!
曲がりくねったとても大きな木に囲まれた空間。その木の上にツリーハウスはあります。はしごや階段を上ったツリーハウスからの眺めはトムソーヤ気分♪登って見ると思いのほか高く、スリルのあるドキドキ感も♡もちろんのインスタ映えに写真撮影会スタート 笑


このツリーハウスは「マサ」がなんと1人で土地を開墾するとこからはじめて10年かけて作っているのというから驚き!まだまだ製作途中だそうで、今後の秘密基地計画のお話に皆さんワクワク。次はピザ窯を作る計画があるとのことで、「一緒に作りたい!」という話になり、早々と次回集合日程が決まってました 笑
ツリーハウスの興奮冷めやらぬまま、次は焚き火でパンづくり♪まずはパンづくりの為の焚き火の火起こしにチャレンジ!実は「マサ」は縄文式火起こしの達人なんですが、縄文式火起こしって、皆さん知ってます?なんと!枝1本を使って摩擦で火をつけるのです。溝を掘った木に、アジサイの枝をこすり合わせて火種を作ります。まさにサバイバル…


さぁ、縄文式火起こしスタート!ところがなんと、達人マサが最近痛めた肩の負傷により本領が発揮できずまさかの不発…

これではパンが焼けないというピンチに、頼もしい男性陣が次々に挑戦!うっすら煙までは出るのですが、あと一歩というところで次々に撃沈していきます。火種が出来る前に木が貫通してしまったり、体力の消耗で力が入らなくなったり、縄文人になるのは大変ですね…笑参加者みんなでエールを送りますよ〜と応援の声の効果あり!ボッと火種がつき、火が上がったー!もちろん歓声と拍手☆
この火で巻き巻きパン作りチームごとにホイルをまいた竹の棒に生地を巻き付け、焚き火でくるくる回しながら焼きます。火に近すぎると表面だけ焦げて中が生焼けになってしまったりするので、チームでの協力が大切♡表面はサクッ、中はもっちりなパンの出来上がり♪どのチームも「自分のチームが一番おいしい!」と言っていました 笑


巻き巻きパン以外にもマシュマロやチーズを木の枝に刺して焚き火で焼いたりしましたよ。上手に焼くとこんがりなフワトロマシュマロにフワトロマシュマロをリッツでサンド自分でコーヒーを挽いて淹れたりも。普段の忙しい生活ではなかなかできないような、まったりゆっくりワイワイなカフェタイム♪
童心に帰って自然の中でワクワクはしゃぎ普段出来ない体験をしながらのおしゃべりまったりなカフェ時間な「大人の休日」でした☆☆☆

 

2019年4月28日(日)開催

参加人数:男性7名 女性6名

 

このエントリーのトラックバックURL

Comments are closed.