●「よくある質問」を掲載しました。

 

HPに、みなさまからよくお寄せいただくご質問を掲載しました。

ご不明な点がある方は、HP上部の「よくある質問」を確認してみてください。

すべてのご質問を掲載できるわけではないですので、掲載していない

内容で、ご不明な点がある方は事務局までご相談ください。

 

E-mail:office@meguriai-nagasaki.jp

 

◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇

明日は長崎原爆の日

めぐりあいとは、あまり関係のないお話しですが、明日は、長崎に生まれた者にとっては忘れられない日、「長崎原爆の日」ですので、昨年の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典を見ていて印象に残ったことを書いてみます。

 

昨年はテレビで式典を見ていたのですが、おそらく毎年歌われているであろう合唱「千羽鶴」という歌を、初めて真剣に聴きました。

この歌のことは、作曲者や純心女子高校の生徒さんが歌うことなど、少しは知っていましたが、今まで、最初から最後まで、歌詞の意味を考えながら集中して聴いたことがありませんでした。

 

そして、聴いてみると、涙があふれて止まりませんでした。曲も好きですが、何と言っても歌詞がすばらしいと思いました。

シンプルな形の歌詞の繰り返しの中に、原爆の悲しみ、犠牲者への慰霊や平和への熱い思いを赤や青、緑、紫などの色紙に込め、千羽鶴を一羽ずつ折っていく様子が表現されているのです。

それから2~3日は、気がつけば、いつもこの曲が頭の中で鳴っていました。

 

今年もまた、この曲を聴くと、きっと涙を拭うハンカチが必要になるはずです。

今、戦争のない日本に生きていること、平和な時代と場所とのめぐりあいに感謝しながら、今年も「千羽鶴」を聴きたいと思います。

 

「千羽鶴」

(被爆50周年記念歌。平成7年の被爆50周年を機に、長崎市が記念歌の歌詞を公募。千葉県の横山鼎(よこやまかなえ)さんの作品を採用。作曲は長崎出身(純心女子高校卒)の作曲家大島ミチルさんに依頼した。)

 

作詞 横山 鼎  
作曲 大島ミチル


1. 平和への誓い新たに 緋の色の鶴を折る
   清らかな心のままに 白い鶴折りたたみ
   わきあがる熱き思いを 赤色の鶴に折る
 
2. 平和への祈りは深く 紫の鶴を折る
   野の果てに埋もれし人に 黄色い鶴を折りたたみ
   水底に沈みし人に 青色の鶴を折る

 
3. 平和への願いを込めて 緑なる鶴を折る

   地球より重い生命よ 藍の鶴折りたたみ
   未来への希望と夢を 桃色の鶴に折る
 
   未来への希望と夢を 虹色の鶴に折る

 

 

あなたは姿勢がいい方ですか?

私が「姿勢」を気にするようになったのは、大人になって初めてバレエを習い始めてからです。

 

バレエは基本の姿勢から始めるので、その姿勢ができていなくては話になりません。私の場合は肩が前に入っていると注意されました。

それからは、今まで気にかけることのなかった街行く人の姿勢に目が行くようになりました。

 

ところが、不思議なことに目に付くのは姿勢の悪い人ばかりで、真後ろを歩いたりすると、前の人の身体の歪みまでわかります。

若くてスタイルのいい綺麗な女性がおしゃれをして、ハイヒールを履いて歩いていても、猫背で膝が曲がっていては、猿みたいで全てが台無し、歩けないならハイヒールは履かなきゃいいのにと思ってしまいます。

 

これは、バレエを習い始めるより前のことになりますが、夕方、もう辺りも暗くなり始めた頃、バスの中から反対車線の歩道を、片手をポケットに入れて歩いている男性が目に留まりました。歩き方が、あまりにかっこよかったので目に付いたのです。しかし、よく注意して見ると、日本人ではなく外国の方でした。

この時も思いました。外国人は歩く姿がかっこいいのに、日本人はどうしてかっこ悪いんだろう・・って。(考えましたが、結局答えは出ませんでした。)

 

また、落ち込んだ時には、どうしても下を向いてしまいますが、顔を上げて、上を向いて歩けば、気分も良くなるという話を聞いたことがあります。

姿勢を良くするだけで、気持ちまで明るくなるなど、感情に良い影響を与えることができるのなら、これを使わない手はないと思います。

また、姿勢を正すことで、肩こりや腰痛などの体の不調も解消できるのなら、こんなに簡単な健康法はないと思いませんか。

 

みなさんももう一度、自分の姿勢を見直してみてください。

良い姿勢は、あなたの第一印象をぐーんと良くする強力な武器になるはずです。

 

最後に、正しい姿勢(立つ姿勢)をつくるポイントを上げておきます。

 

1.頭のてっぺんが天井にひっぱられるようなイメージ

2.あごを引く

3.肩の力を抜き、首と背中を伸ばす

4.左右の肩の高さを揃える

5.おなかを背骨の方に引き寄せ、おなかをへこませる

6.お尻の筋肉を締める

7.膝は曲げずに伸ばし、両膝を軽くつける

意外と書けないプロフィールカード

めぐりあいイベントでは、最初にプロフィールカードを交換しながら1対1で話してもらうことが多いのですが、あらためて、このプロフィールカードを見てみると、意外とすぐには書けないことに気づき、驚きました。

 

私が特に考えてしまった項目は、「趣味・特技」、「私の性格」、「自己アピール」です。

 

「趣味・特技」では、人に言えるほどの趣味があるのか?特技と言えるほど得意なことがあるのか?と思いました。

 

「私の性格」では、人に自分の性格を聞いたことがないので、自分が思っている性格と人から思われている性格は一致しないんじゃないか?と思いました。

(でも、よく考えると、これは一致するものもあれば、一致しないものもあると思うので、あくまでも、自分の思う自分の性格を書けばいいんだという結論に達しました。)

 

「自己アピール」では、特技に通じる点もありますが、アピールできるほどの目だった魅力があるのか?と考えさせられました。

 

つまり、プロフィールカードを書く時、知らず知らずのうちに、普段はあまり考えることのない自己分析をさせられるのです。

 

私の場合は、もっと趣味を増やして、世界を広げて行った方が、日々の生活もおもしろくなり、新しい人との出会いにも繋がるだろうと思いました。

 

みなさんも、一度プロフィールカードを書いてみませんか?

おしゃれでなければモテナイか?

今日は、これまでいくつかのイベントを取材してみて、思ったことを書いてみたいと思います。

 

1回のイベントに大体平均20名の方々(男性10名・女性10名)が参加されていたので、色々な格好をされた方が来ていました。

男性は、スーツを着た方から、トレーナーにジーンズといったラフな格好をした方まで。女性も、スーツを着た方、結婚式の披露宴に行くのかと思われるようなイブニングドレスを着た方、カジュアルにジーンズをはいた方等。

 

TPOを考えれば、自ずと服装も決まってくると思いますが、やはり第一印象は、見た目が大部分を占めますので、会場には自分が最もよく(素敵に)見える格好をして行った方がいいんじゃないでしょうか?

 

とは言っても、ここぞとばかりに、普段着慣れない服を買い、着て行っても、服に着られているように見られては、折角の努力も水の泡。それなら、最初から自分が楽で気持ちいいと感じる格好をして行った方が、自然でいいのかもしれません。

 

よく、何を着ていいのかわからない、服装に自信がない人達のためにセミナーをやってみてはどうか?という話を耳にしますが、私は、そういうことをしても、あまり意味がないのではないかと思っています。

テレビ番組の中で、プロのファッションコーディネーターや美容師さんを使って、一般の方をおしゃれに変身させるというコーナーがありますが、その人達が、その後おしゃれになったか?というと、私はなっていないと思うのです。

本人が、その後、余程努力して、ファッションに興味を持ち、時間とお金を掛けるようになったのなら別ですが。

 

服装は自分で決めるものなので、自分が変わらない限り、おしゃれでない人が、急におしゃれになることはないと思うのです。

個人的には、ファッションセンスがあるかないかという違いは、センスという言葉からもわかるように、運動神経や芸術に関係する感覚と同じようなもので、生まれつき決まっていて、勉強してよくなるものではないように思っています。

 

それでも、おしゃれになりたいと思うならば、興味を持って色々試してみればいいし、続けていくうちにおしゃれになれるかもしれません。

しかし、おしゃれに興味のない人は、別にそこまで無理をしておしゃれになる必要はないと思っています。

 

まあ、おしゃれであるのと、おしゃれでないのは、どっちがいいかと聞かれれば、おしゃれであるに越したことはありませんが、人にはそれぞれ得手不得手があるのですから、清潔であるということと、相手に対して失礼にならない最低限の身だしなみさえしていればよいと思うのです。

 

そして、自分の得意な分野に時間をかけ延ばして行った方が、自分の魅力アップに繋がり、ひいては人生のパートナーをつかむ近道になるのではないでしょうか?